世田谷区指定 旧安藤家主屋  
安藤家は江戸後期から名主を務めた家柄。区内最大規模の茅葺農家で、名主役宅も兼ねたことから式台・書院付の座敷を持ちます。今回の移築復元に際し、明治年間の絵馬を参考に、養蚕を行っていた明治期の姿に復元しました。
鳥瞰写真にある中門は資料に基づき復元し、表門は安藤家所有の薬医門(指定文化財)のレプリカです。

 
 

旧安藤家主屋の正面。
右手側は座敷に面した築山となるため、塀中門で仕切られている。その左手は杉皮葺きの式台。
屋根の煙出しは、養蚕を行っていた明治期に設けられたもの

 
上記塀中門の内側にある座敷庭。座敷の縁側からは、庭と池を望むことができます。
 座敷部分の上段の間。違い棚・天袋を持つ床脇、本床、付書院が揃った書院風の造り。役宅を兼ねた上層農家ならではの造り。
 
旧安藤家の鳥瞰。
写真右奥の外蔵は、旧秋山家土蔵。
 
 

世田谷区立 次大夫堀公園民家園

【所在地】東京都世田谷区喜多見 
       ・小田急線成城学園駅より徒歩15分、または二子玉川駅行きバス・砧中学校下下車
       ・田園都市線二子玉川駅より 成城学園駅行きバス・砧中学校下下車
【ホームページアドレス】http://www.city.setagaya.lg.jp/
               トップページより「次大夫公園堀民家園」を検索してください。