横浜市認定歴史的建造物 旧安西家主屋および旧大岡家長屋門  

旧安西家主屋は、泉区和泉町に建てられていた広間型の民家です。江戸中期後半の建築と推定され、「どま」と「ざしき」境の柱は、大黒柱が用いられる以前の形式で特徴的です。
旧大岡家長屋門は明治20年に建築された、木造2階建て、切妻桟瓦葺き。建築当初は2階を蚕室とした隠居所であったものです。現在は2棟ともに長屋門公園(旧大岡家屋敷地)の中心施設として、活発に利用されています。
また園内には旧大岡家の文庫蔵も残されています。 
 
 公園の入口に位置し、現在でも門の役目を担っています。
養蚕を行ったため、棟に煙出しを設けている。左側の土蔵造りの部分は穀蔵であった部分です。
 「なかにわ」から主屋正面を見る。広めの「どま」は、当時の富豪農家の特徴。
手前に見えるのは井戸。主屋右奥の建物はポンプ小屋。
 横浜市立 長屋門公園
【所在地】 横浜市瀬谷区阿久和東1−17 (市営地下鉄 三ツ境駅から 徒歩20分)
【ホームページアドレス】 http://members2.jcom.home.ne.jp/9327mzss/index.htm