横浜市認定歴史的建造物 旧金子家主屋 
 

金子家は明治後期建築と推定される、整形四間取りの茅葺民家。現在、戸塚区信濃町から舞岡公園内に移築され、公園内の拠点施設として利用されています。
舞岡公園では市民参加による農業体験や、年中行事などを行っており、なかでも11月に行う収穫祭は大規模で有名。園内には里山、水田、畑、炭焼小屋、水車などがあり、公園全体が農村の原風景となっています。

主屋どま側の妻面。
茅屋根を切り上げ、明り取りの開口を設けています。
「どま」の大ガマ・ヘッツイは鎌倉石を用いた石積みです。
写真左の「まえにわ」を囲むように、木造平屋建て・寄棟茅葺の物置も移築されており、農家の修景を復元しています。
 横浜市立 舞岡公園
【所在地】横浜市戸塚区舞岡町1764
 (JR戸塚駅からバス20分)
【ホームページアドレス】 http://maioka-koyato.jp/index.html