浄林寺本堂・客殿・庫裏
足利市内の臨済宗寺院。本堂・客殿・庫裏を総合的に計画・設計しました。伝統的な禅宗様を基本としながら、
使い勝手や現代の生活にあわせた木造の新築寺院です。
  本堂外観。照りの付いた切妻屋根は本瓦葺き。
舟肘木と、連続する舞良戸が特徴的な建物。
本堂内部。
内陣前中央部分を折り上げた棹縁天井。
客殿外観。
写真左側は唐破風車寄せを持つ玄関部分。更に左側は本堂
屋根は本堂と同じく、照りの付いた切妻屋根本瓦葺き。
客殿廊下内観。
本堂同様に天井を高くとり、余裕のある空間としています。
各所に配された花頭窓は、それぞれ違ったデザインを用いています。
庫裏外観。
写真左側の渡り廊下を介して客殿と連続しています。
黒御影四半敷きの庫裏玄関内部。
正面は3畳の式台風の玄関の間。




浄林寺
【所在地】